「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

玉ちゃんとちゃっぴーの姉妹

はじめまして 私たちが彼らの姉妹です
いつも兄弟がお世話になっています♪
c0128668_2216111.jpg

ちなみにみんなばらばらの毛質と体の色、でもみんなかわいい♪
 
ゲスト出演!
c0128668_22183073.jpg

たまちゃんたちの姉妹が住む(私の友達のおうち)はレストランとホテルを経営しています
昨日食事に行っったときかれらを廊下でみつけました
犬も寒いんです。。
ちなみにちび犬がおしりを大きな犬の背中にこすりつけるようにして
あたためている図です♪
[PR]
by dedalo4jp | 2007-11-15 22:22

たまちゃんの寝相

寒くなるとともに猫たちも
睡眠時間がながくなってきました
彼らにとっては初めての冬です
と 友達がきてわいわいがやがやとサッカー観戦していたときのこと
ヴァレンティーナちゃん 大笑いし始めました
あっはは~なんて寝方してるのこのこったら~
c0128668_227926.jpg

たっ、、、たまちゃんデブまるだしだよ、、、、(汗)
ゆすったりしてもびくともしないんですよ~
[PR]
by dedalo4jp | 2007-11-15 22:14

sciarpa biancaのお気に入り

本当に日々寒くなって生きますが
我が家の猫は 
ちゃんとお気に入りの場所をみつけております
ふっと席を立つと ちゃーんとここへ。。。
c0128668_220852.jpg


え?僕のこと?だってあったかいでしょ
[PR]
by dedalo4jp | 2007-11-15 22:01

白トリフ♪

そういえば。。

もう2週間前になってしまうけど

友達のトリフ屋さんの豪快お姉さまより
私へプレゼントでしろとりふひとついただきました♪

皆様の情報によると 今年は大変高価だとか。。<ごめんなさいただです>
30gぐらいだったかな~もちろん旦那と二人でいただきました
(今回はお店のスタッフの子にはおすそ分けなしです)
彼女はこの時期そっこらじゅうにトリフの買い付けにいっています
彼女いわくトリフのあるところならどこまでも!言っています

いつもは友達のレストランなどでいただくのですが
こんなびっくりプレゼントは初めて~♪
調理法まで丁寧に説明してもらい 保存の仕方までっていっても
あくる日には胃の中に納まりましたが

丁寧に小さなブラシで土を丁寧に取り払い
専門のスライサーにてスライス。
(結構この周辺のどの家も常備してます<驚き>)

彼女いわく鶏のガラでだしをとり
(もし牛さんもあれば牛さんもいっしょに)ブロードをとって
<ちなみに早く食べたかった私たちインスタントを使ってしまいました。。)

このブロードにてタリオリー二の薄くて細めのタイプを選んで茹で上げ
バター、 胡椒、にて味を調え 
から薄くスライスされたトリフをふんだんに
でっもって パルミジャーノも~うえからかけます~
もちろん私たちの顔はお皿の上で待機♪

香りを楽しみます(まるでアロマテラピー♪)

今回いただいたトリフはとりたてで口の中でぱりぱりって音がしました

香りですか?説明できないぐらいよい香り(えへへっ)

いままでレストランで高いお金を出していたのはなんだったの???って感じ

彼女はいつも鼻が命の仕事と私の説明していましたが本当にそのとおり。。
彼女アメリカの雑誌にも載ってしまったぐらいの 女バイヤーなんです
さすがプロ!!参りました 

当分忘れられない。。この感動、、
今年はあまり出回っていないとか聞きましたが
やっぱりこれは自然の恵み、、どうにもならないですよね~

来年はもう少し雨が降ってたくさんでますように♪
[PR]
by dedalo4jp | 2007-11-13 14:18

元 ご近所さん

初めて イタリアに来て家を借りたとき
正直不安と期待でいっぱいでした。。

3ヶ月旦那の実家で暮らして 義母よりイタリアの家事を習い
(習ったはずだが 料理はOKだが 掃除はまだまだまだ。。。)
旦那と二人で生活し始めた♪

お家は庭付き車庫つきリビング、キッチン、二つの部屋
二人暮しにはとっても贅沢な条件でした

さて問題だったのはイタリアの住宅事情
私たちの建物は4家族が住む用の建物 ですが、、
隣の家とは壁がくっついているのです。。

日本で言うとマンションみたい?
でも4件分
その上防音機能なんてないです(コップを壁にくっつけると聞こえちゃうってやつです)
セメントとブロックだけでできているもんだから隣や上の家の足音が結構響きます

助かったことに
我が家は皆が働きにいってるときに寝ていて
皆がいるときに仕事に出ているという生活時間なので
いやな思いをすることはなかったです(隣の人たちがどう思っていたのかはわかりません)

ガ たまに夜中友人がきたり テレビを見るときは
いつも*シー!というのが口癖でした。

元隣の家族は いわゆる裕福なご家族でした
私たちの横に御両親 そのうえに娘夫婦と住んでいました
(私たちの真上には大家さんが)

私たちが入ったときには快く挨拶をしてくれて
5歳になったレヴェっカちゃんが植木沿いにあるいて
よく私たちの庭で遊びに来て

奥さんには植木の手入れとか洗濯物のこと 町の情報(いわゆるうわさ話)
料理の仕方などいろいろ教わって

雨がふるとお互いベランダぞいで連絡しあって 洗濯物を取り入れたり、

蜂に刺されたとき 薬を塗ってもらったり、
野菜の収穫時期には毎年トマトをもらったり
日本に帰ったときには お面をかってったり
インターナショナルに慣れていたせいもあって 私を受け入れてくれたのは
すごく自然だった
(悪いが田舎のおばちゃんたちはただのアジアから来た娘くらいしかみないのよ。。。)

時間があるとお茶をご馳走してもらったり、クリスマス 年始の挨拶をお互いの家に訪問し
私にとってはうれしい限りでした

ある日 大家さんが私たち側を売ることになって
引越しすることになったときはちょっとショック、、、できたら私たちが買いたかった。。
ひっこすときも大丈夫?っとこえをかけてくれた

早 引越しして8ヶ月 
いつも彼らにあいにいかなくちゃとおもいつつ 彼らにもオイデッテ声かけられたにも
かかわらず 会わずじまいで 時間だけがながれてしまった
 
かれらも二人目の孫がうまれていそがしかったりして
外に出る機会もすくなかったらしい

そんなある日お店に予約電話
17名 レオナルド 「ぼくだよ えみこ~ 元隣の家だったレオだよ」
ひさしぶり~(娘さんの旦那さんからだった)
今日は2番目の子もつれてくるとのこと

うれしくって早速、上の花屋さんでお花とちょっとしたプレゼントを購入
テーブルの上に 彼らのためにセッティング

お店で知り合った方々も大切だが
やっぱり私生活で出会う人々は なんか温かみがあるよね~

こういった時間が一番うれしい私 出会いって大切だな~。。。 

これからもよろしくね
c0128668_059191.jpg

[PR]
by dedalo4jp | 2007-11-05 01:00